> HOME > ごあいさつ > 代表あいさつ

代表あいさつ

マルアキグループは、今日の食卓をサポートし、明日の食材を考えています。
横浜市に青果仲卸を創業して40年を越え、これまでに野菜にかかわるさまざまな事業を設立してまいりました。生産者が丹念に愛情込めて育てた野菜を、私たちは「素材を良く理解し・真心を込めて加工し・注意深くお客様のお手元にお届けする」この連携をグループ企業の全事業で取り組むことでお客様に信頼していただき、業績を伸ばしてこれたものと考えております。
 
マルアキグループは、[新しいサービスを提案し]→[多くのお客さまに告知し]→[品質の高い商品をつくり]→[お客様のお手元まで届ける]この一貫性の高いサービスを、グループ会社が一体となって努力し続けてまいります。
代表取締役 田岡 實

グループの沿革

1972年
横浜中央卸売市場の青果仲卸業として
丸秋青果株式会社を創立
1990年
CVS向けサラダなどの生鮮食品事業、
冠婚葬祭向けケータリング事業として
マルアキフーズ株式会社を設立
1998年
宅配ピザのデリバリーサービス事業として
株式会社ピザ・ステーションを設立
1990年
株式会社ピザ・ステーションと
マルアキフーズ株式会社が合併し
ピザ・ステーション事業部を設立
グループモデルイメージ

経営理念 (グループ会社の使命)

創業以来「顧客第一主義」を経営理念に、常にお客様の視点で食品に対するニーズに対応しお客様との信頼関係を築いてまいりました。
 
食品業界を取り巻く環境は大きく変化しかつ厳しいものがありますが、最高の品質でお客様が安心して召し上がれる安全な食品づくりを変わらぬ会社の使命と考え取り組んでおります。

経営方針 (私たちのチャレンジ)

マルアキグループは、様々な時代の流れに対応しながら日本の食文化の伝統を守りつつ、さらにお客様に喜ばれる高い品質と付加価値のある商品提供を通じて、お客様に満足頂ける安心安全な商品とサービスの提供を行ってまいります。
 
お客様の健康で豊かな食生活の実現にチャレンジし続けることで、社会に貢献する企業でありたいと考えております。今後とも皆様のご愛顧、ご支援を心よりお願い致します。